ナットウキナーゼの摂取量

【Topic】口コミで人気のナットウキナーゼと言えば?

ナットウキナーゼサプリメント生活習慣病への関心の高まり共に、そのサラサラ効果が一層注目されているナットウキナーゼ。このナットウキナーゼにDHAとEPA(青魚に多く含まれる成分)やイチョウ葉エキスを配合したのが小林製薬の「ナットウキナーゼDHA&EPA」です。低価格に抑えるために過剰な広告を行っていない分地味ですが、リピート率の高い人気商品で、初めてナットウキナーゼを試したいという人にお薦めです。
>>小林製薬のナットウキナーゼをもっと詳しくナットウキナーゼサプリメント

ナットウキナーゼの摂取量とはどのようなものでしょうか?

納豆に含まれているナットウキナーゼ。古くから健康食品として食されている納豆だけに副作用などの心配もなく安心して摂取できる点が大きな魅力となっています。好き嫌いがはっきり分かれる食材ですが、最近ではサプリメントなどの健康食品でナットウキナーゼだけを摂取することができるようになっています。

 

副作用の心配はないと言われるナットウキナーゼ。しかしやはり過剰摂取には注意したいところ。そうなると気になるのが摂取量。1日の摂取量はどの程度が理想的なのでしょうか。

 

日本ナットウキナーゼ協会によるガイドラインでは1日の摂取量は2000FU程度が推奨されています。この数値は納豆での摂取では50g程度。これはちょうど1パック分の容量となります。ですからご飯に納豆をかけて食べれば1日分の摂取量を確保できることになります。高血圧対策に1日1食納豆を食べる、というのもこれが基準となっているのです。

 

サプリメントで摂取する場合にはそれぞれの製品に書かれて容量の指定を守るようにしましょう。

 

ただし、注意すべき点がひとつ。ナットウキナーゼは熱に弱いという特徴を持っているため、熱に晒さないことが大前提となります。調理の際には注意する必要があるでしょう。また、血栓対策にナットウキナーゼを活用する場合には夜に摂取するとより高い効果を発揮すると言われています。これらのポイントは摂取量と合わせてチェックしておく必要があるでしょう。自分なりに効果を最大限に高められる摂取環境を見つけたいものです。
>>口コミで人気の小林製薬のナットウキナーゼナットウキナーゼサプリメント